珈琲Time

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本一のお米・熱塩産コシヒカリ

<<   作成日時 : 2010/08/04 07:23   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ここ3回の会津旅行では喜多方の北方面・熱塩温泉“山形屋”に泊まっています。
豪華絢爛というわけでもないのですが、まずまずの規模で食事も美味しい。温泉はナトリウム泉で湯量も豊富。何より気に入ったのは宿の辺りの風景で、山と田んぼと草木に囲まれた懐かしい里山の雰囲気が大好きです。

“山形屋”のお料理は地産地消ならぬ“地讃地賞”をうたっており、地元でとれた食材のみ使うそうです。野菜を中心にしたメニューは体に優しい感じ。近隣の農家の方が有機農法で育てた野菜を直に仕入れているため、作り手の顔の見える食材だそうです。料理も気取りすぎず、しかし一品一品手がこんでいて大満足です。
画像

画像

夕食もなかなかなのですが、なんと言っても朝食が美味しいのです。いろんな豆をおからで和えた一品、温泉卵、いんげんのおひたし、ヤマメの甘露煮、夕顔の煮物、キクラゲの佃煮、様々な漬け物…挙げてみると特別変わった料理もないのですがとにかく味わい深くご飯が進むことこの上ない品々です。こうやって文章に書いているだけでお腹が減ってきました。
ご飯がまた美味しい。給仕の方におかわりをお願いしながら、「ご飯が美味しいです!」と言うと、「コンテストで日本一になったお米なんですよ」
それは知らなかった!確かに食事会場の前に賞状が飾ってあります。コシヒカリ部門1位とありました。熱塩加納村の農家の方が作ったお米が賞を受けたとのこと。一般にはこの宿でしか食べられない&買えないということです。たまたま泊まることにしている旅先で日本一の米に出会えるなんてすごい!コシヒカリと言えば魚沼産が有名だけれど、福島産も健闘しているんですね。お米が美味しいのは何よりのご馳走。
画像

画像

“山形屋”のキャッチフレーズは「一流の田舎」。地の恵みをいただいて生きているんだなあ…と実感でき、好感度の高い宿です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

日本一のお米・熱塩産コシヒカリ 珈琲Time/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる